債権回収

債権回収

債権回収はスピード対応が肝!その理由とは

時間が経てば経つほど回収確率が下がってしまう

債権回収を急ぐべき理由として、回収確率を上げられるから、というものがあります。
時間が経てば経つほど、相手方の資金繰りが悪くなったり、支払が滞っている他の債権者の数が増えていき、最悪の場合倒産してしまったりする危険性があり、回収確率はどんどん時間とともに下がっていきます。
できるだけ早い段階で弁護士が間に入ることにより、回収できる金額を上げることができます。

債権回収には時効・除斥期間がある

債権回収を相談するなら、早めに相談する必要があるのでしょう。
債権行使の妨げとなる事情としては時効・除斥期間があり、権利を行使できる期間が決められております。
商行為によって生じた債権については5年と定められておりますが、債権の種類によってはもっと短い場合(例 1年)もありますので注意が必要です。
時効や除斥期間が過ぎてしまって後悔する前にまずはどのような対応策を取るべきかの相談だけでも弁護士にしておいたほうがいいでしょう。

※ご相談にいらっしゃる際は債権の証拠となるもの(契約書や申込書など)をお持ちいただくと対策の提案がスムーズにできます。

証拠が無くても大丈夫?

一般的な債権の証拠として契約書や申込書があげられますが、もしそのような確固たる証拠が無いという場合でも諦める必要はありません!
例えば、メールのやり取り等で契約内容が特定できる場合や債務者の承認などがあれば、契約書等の存在が必須ではありません。
当事者間の口頭でのコンセンサスの内容だけでも弁護士がアドバイスすることで、積極的な証拠収集が可能となるケースもあります。

このようなご相談をお受けしております

  • 取引先の支払いが滞っている
  • 弁護士に相談したいが顧問弁護士がついてない
  • 個人事業主同士で債権の有無について争ってしまっている
  • 債権は回収したいが今後も取引を続けていきたいので事を荒立てたくない
  • 売掛金回収のために社内の労力が無駄に割かれてしまっている
  • 請求書を送っても反応がない、連絡が取れない

当事務所にご相談いただくメリット

ご依頼者さまの状況に応じて効果的な戦略をご提案

債権回収をするにあたってやみくもに相手に請求すればいいというものではありません。相手の会社が倒産するケースも考慮して相手の資金繰りを考えてスピーディーかつ慎重に回収することが可能です。当事務所では、債権回収の実績が豊富にあるため、相手企業との関係性を考慮した方法や、慎重に記載した書面作成など債権回収後の取引も考慮に入れたうえで提案をいたしますので安心してご依頼いただけます。

今後を見据えた予防法務のサポートも実施

債権回収のトラブルが起きた時にしっかり回収することももちろん大切ですが、今後このようなことが起きないように予防しておくことがとても大切です。未払い金が発生してしまうのには理由があり、経営体制に改善できる部分があるケースが多くございます。顧問弁護士として日常のトラブルに対応するサービスも行っておりますので今後未払い債権に悩みたくない、経営体制に不安がある、などのお悩みをお持ちの方は是非弊所にお任せください。