刑事事件
Criminal
痴 漢
刑事事件

痴漢

痴漢行為は被害を受けた者にとって恐怖感とかなりの精神的ダメージを与える犯罪です。一方、痴漢に間違えられた挙げ句、仕事や家族まで失う冤罪事件も多く見られます。特に電車内での痴漢容疑の場合、ほとんどがその場で取り押さえられ駅員室などに身柄を拘束され、そのまま警察に連行されることになります。

痴漢の量刑

痴漢は迷惑防止条例(公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例)にあたり、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金(東京都の場合)に科せられます。
また悪質な痴漢行為の場合には、強制わいせつ罪(刑法176条)となり6ヶ月以上10年以下の懲役に処されます。

痴漢の弁護活動

自白をした場合の弁護活動

 加害者が痴漢行為を認めている場合は、情状弁護を行うことになります。情状弁護は、犯罪を行った事実を認め、これを争わない場合に本人が有利となる状況や事情を主張して刑を軽くしてもらう活動です。
情状を得るには、なるべく早い段階で謝罪や示談交渉を行い被害者と示談を成立させることです。
被害者との示談が成立できれば初犯であれば不起訴処分、不起訴にならなくとも略式命令(罰金刑)で済む場合もあります。示談交渉はもし加害者が身柄を拘束されていなければ自身でを行うことも不可能ではありません。しかし被害者は加害者に対して強い拒否感を持っていますので、加害者と直接関わりたくない、まして連絡先は絶対教えたくないと思うのが当然です。そこで多くの場合、弁護士が加害者の代理人として示談交渉を進めていくことになりますが、加害者を許せないという感情が非常に強く、示談交渉に応じていただけない場合は被害者との交渉にかなりの時間を要する場合が多くあります。また被害者が未成年者の場合、被害者の両親との交渉になりますので交渉は難航することが多々あります。

痴漢冤罪の弁護活動

痴漢に間違われてしまい逮捕された場合は虚偽の自白をしないことが重要です。
痴漢の容疑で警察に逮捕された場合、取り調べ段階で様々な手法で痴漢を認めるよう揺さぶってきます。 
早く解放されたい気持ちから一度でも容疑を認めてしまうと、後でそれを覆すことは非常に困難ですので、取り調べが行われる前に早い段階で弁護士からアドバイスを受けることが重要となってきます。
また起訴となった場合の準備として、状況証拠や目撃証言などの証拠収集を行い裁判で無罪となるよう活動をしていきます。