弁護士費用

離婚問題

夫婦関係調整調停

離婚に夫婦の一方が同意しない場合や、離婚に同意しても慰謝料や財産分与の支払い金額が決まらない、子供の親権、養育費の問題に対し相手が話し合いに応じない、暴力や暴言など怖くて話が出来ないなど、離婚をしたい夫婦のどちらかが家庭裁判所に「離婚調停」を申し立て、家庭裁判所で離婚に向けての話し合いをすることになります。

着手金

  • 20万円〜25万円
※表記金額には消費税は含まれておりません。

報酬金

  • 20万円〜25万円
※表記金額には消費税は含まれておりません。

婚姻費用の分担請求調停

婚姻費用とは、家族(夫婦と未成熟の子)が収入や財産、社会的地位に応じ通常の社会生活を維持するために必要な費用(住居費や生活費、子の学費など)のことです。この婚姻費用は、夫婦がその収入に応じて分担します。これは同居・別居に関係なく法律上の夫婦である限り分担する義務を負います。この婚姻費用を払うべき相手が支払いをしてくれない場合に婚姻費用の分担請求を行います。

着手金

  • 20万円〜25万円
※表記金額には消費税は含まれておりません。

報酬金

  • 20万円〜25万円
※表記金額には消費税は含まれておりません。

その他の調停手続

財産分与請求調停

夫婦が婚姻中に協力して築き上げてきた財産を、これから離婚をしようとする際または離婚後に清算することをいいます。 清算の内容などについて話がまとまらない場合や話し合いができない場合に離婚後2年以内に家庭裁判所に調停を申立をすることが可能です。

年金分割の割合を定める調停

年金分割制度は、離婚した夫婦間の公平を実現するため、離婚後に配偶者の年金保険料(厚生年金保険、共済年金のみ)の納付実績の一部を分割して受け取れる制度です。年金分割には合意分割と3号分割の2種類があり、配偶者の合意がなくても年金分割されるのは3号分割になります。合意分割は平成19年4月1日以降に離婚をした場合に適用され、3号分割は平成20年4月1日以降に離婚をした場合に適用されますので合意分割の対象者や合意分割と3号分割の両方の対象となる場合には当事者間の話合いによって按分割合を決めることになります。 当事者同士の話し合いでまとまらない場合には家庭裁判所に調停を申立てすることが可能です。

慰謝料請求調停

配偶者の不貞行為などの不法行為によって精神的苦痛を被り、その不法行為が原因で離婚せざるを得なくなった場合に慰謝料を請求することが可能です。慰謝料についてお互いの間で話がまとまらない場合や話し合いができない場合に家庭裁判所に調停を申立てることが可能です。

離婚後の紛争調整調停

離婚後の生活に必要な衣類その他の荷物の引渡しを求める場合や、前の夫が復縁をせまって前の妻の住居を訪問することから紛争が生じている場合など、離婚後の紛争について当事者間の話合いがまとまらない場合や話し合いができない場合には家庭裁判所に調停を申立てることが可能です。

協議離婚無効確認調停

配偶者の一方が勝手に離婚届を提出してしまい、それが受理されたことにより離婚が成立してしまった場合、離婚を白紙に戻して戸籍上の離婚の記載を訂正するためには家庭裁判所に調停を申立てる必要があります。

親権者変更調停

離婚の前に未成年の子どもがいる場合には、夫婦双方の合意で親権者を決定することが可能ですが、離婚成立後の親権者変更は、家庭裁判所に調停または審判を申立てる必要があります。

養育費請求調停

離婚に際して養育費についての取り決めをしていなかった場合や、取り決めた内容で公正証書を作成しておらず、配偶者が養育費を支払ってくれない場合には家庭裁判所に調停を申立てることが可能です。

面会交流調停

離婚後の子供との面会については、親である夫婦の話し合いにて決定しますが、話合いがまとまらない場合や話し合いができない場合、面会についての取決めを守ってくれないなどの場合には家庭裁判所に調停を申立てることが可能です。

子の監護者の指定調停

未成年の子供と父母間で監護者を決めていない場合や、今の監護者が子を監護者として不適格な場合には父母の協議によって監護者をもう一方の親に指定することが可能です。お互いの協議がまとまらない場合や協議ができない場合には家庭裁判所に調停を申立てることが可能です。

子の引渡し調停

離婚後に未成年の子供を養育していた親権者(監護者)の元から、親権者(監護者)でない親が未成年の子を連れ去ってしまった場合には家庭裁判所に調停を申立てることが可能です。

嫡出否認調停

婚姻成立から200日後又は離婚後300日以内に生まれた子は、婚姻中の夫婦間にできた子と推定され出生届を提出すると夫との子として戸籍に入籍されます。 ただし夫と妻の間に性交渉もないなど、明らかに自分の子ではなく自身の子として認知しない場合には、夫は妻の出産を知ってから1年以内に嫡出否認の調停の申立をしなければなりません。

親子関係不存在確認調停

嫡出否認と同様に自分の子では無いことが明確である場合で出産を知ってから1年以上経過してしまった場合や、自身の子供として偽りの届け出をされた場合など、既に子との間に親子関係が無いことを求める調停です。
着手金
  • 20万円〜25万円
※表記金額には消費税は含まれておりません。
報酬金
  • 20万円〜25万円+経済的利益の10%〜(経済的利益がある場合のみ)
※表記金額には消費税は含まれておりません。

離婚訴訟

協議離婚で話し合いがまとまらず、離婚調停、離婚審判でも離婚成立に至らなかった場合、家庭裁判所に離婚訴訟を起こします。

着手金

  • 25万円〜40万円
※多くのケースでは30万円程度で見積もりをさせていただいています。
※表記金額には消費税は含まれておりません。

報酬金

  • 20万円〜35万円
※当事務所で調停から訴訟に移行する場合は、調停の報酬+10万円
※表記金額には消費税は含まれておりません。

慰謝料の請求

慰謝料は離婚による精神的な苦痛に対するものと浮気や暴力などの不法行為による慰謝料があります。また浮気の場合、浮気相手が結婚をしていることを知りながら浮気をしていた場合には、 その相手に対しての慰謝料の請求をすることも可能です。

内容証明による慰謝料の請求及び相手方との交渉

弁護士名で相手方に内容証明付郵便による方法で書面を送付した上で慰謝料の支払いについての交渉を行います。
  • 15万円〜
※表記金額には消費税は含まれておりません。

不貞行為などで相手の配偶者(弁護士を含む)から慰謝料の請求をされている場合

示談交渉
相手と示談交渉を行い支払いの有無、支払額(減額)、支払方法などを交渉します。
着手金
  • 10万円
※表記金額には消費税は含まれておりません。
報酬金
増額した金額 報酬金
〜300万円 6%
300万円〜3000万円 5%
3000万円〜3億円 4%
3億円以上 3%
※表記割合には消費税は含まれておりません。

訴訟による慰謝料の請求

裁判所に慰謝料の請求訴訟を提起し裁判で争います。
着手金
  • 20万円〜30万円
報酬金
  • 経済的利益の12〜16%
※表記金額には消費税は含まれておりません。

離婚サポートパック

離婚問題の解決、離婚協議や離婚調停など自身でやりたい、離婚問題の解決にあまり費用をかけたくない。
ただ法律や手続きの知識が無く不安という方向けのサービスです。
専門家である弁護士がアドバイスを行い、実際の手続きは依頼者自身で行いますので費用も低く抑えられます。
相談は必要なときに直接弁護士に会うか、電話やメールで行います。
また途中で弁護士を代理人として依頼する場合も、弁護士費用の割引が受けられます。

サポートバック費用

1ケ月
  • 2万円
3ケ月
  • 5万円
※表記金額には消費税は含まれておりません。

オプション

離婚協議書作成
  • 3万円〜12万円
公正証書作成をご希望の場合には、公証役場との調整なども上記金額の枠内で行います。
※表記金額には消費税は含まれておりません。

内容証明

弁護士名で慰謝料請求の内容証明を作成・送付します。
  • 5万円
※表記金額には消費税は含まれておりません。