遺言
Testament
遺言書の検索
遺言書の検索

公正証書遺言の検索

 被相続人が公正証書遺言を作成したとしても、その存在自体が相続人に知られないままになってしまっては、せっかく残した遺言が無駄に終わってしまいます。
このような場合、日本公証人連合会が作成をした遺言登録システムを使用する事で、遺言書が残されているかを確認する事ができます。
この遺言登録システムは、公証役場で作成された平成元年以降の遺言書が登録されており、公正証書遺言を作成した公証役場名、公証人名、遺言者名、作成年月日等を調べることができます。
この遺言登録システムで検索をするには、秘密保持の観点から、遺言者の相続人などの利害関係者のみ、公証役場で公証人を通じ照会を依頼する事が可能です。
その際、遺言者が亡くなった事を証明する書類、遺言者との関係を証明する書類、照会を依頼する者の身分を証明する書類(免許証など)が必要となります

遺言書検索の申請対象者


  • 相続人又はその代理人
  • 受遺者又はその代理人
  • 遺言執行者又はその代理人

申請の方法

公証役場(どこの公証役場でも可能です。)にて、所定の申請用紙に必要事項を記入の上申請します。

申請に必要なもの

  • 遺言者の除籍謄本
  • 申請者と遺言者との関係が証明できるもの
※免許証、パスポート又は印鑑証明書
  • 印鑑(認め印でも可能)
※申請者の本人確認書類が印鑑証明書の場合は実印

遺言検索の注意点

公正証書遺言書の存在自体の照会、遺言書の閲覧、謄本の請求は、遺言者が生前中は、遺言者本人以外は請求できません。