債務整理

任意整理

任意整理とは、裁判所を介さず、弁護士が貸金業者と任意に交渉して、借金を整理する手続のことです。利息制限法の上限金利より高い金利で借入をしていた場 合には、取引開始時にさかのぼって上限金利に金利を引き下げて再計算することにより借金を減額し、また、原則として利息をカットして、元本のみを3年程度 の分割で返済する内容の和解を貸金業者と結びます。返済が前提ですので、継続して収入を得る見込みがあり、借入額が3年程度で返済可能な方しか利用できません。

任意整理は、自己破産や個人再生と異なり、任意の手続ですので、財産の処分が強制されることや資格が制限されることはありません。当然、裁判所に提出する 書類を準備したり、裁判所に出頭する必要はありませんし、官報にも載りません。ただし、自己破産や個人再生のように、借金の全額または一部の免除を受ける ことはできませんので、これら手続よりも返済額は多くなります。

任意整理の対象となる人

返済するための毎月安定した収入がある。
任意整理を行った後も返済を継続していくつもりがある。
任意整理を行った場合、借金全額を3年〜5年以内に完済できる。
年収からみても支払い困難が予想される。

任意整理のメリットとデメリット

任意整理のメリット
  • 手続開始後、和解案が決まるまで返済する必要がなくなります。
  • 手続開始後、債権者からの取立行為がなくなります。
  • 自己破産、個人再生と違い、一部の借金のみを整理することもできます。
  • 裁判所を通さないため、手続きが簡単にできます。
  • 過払い金が発生していれば、取り戻せる場合があります。
  • 将来利息のカット交渉で、分割払いにしても利息がつかない場合があります。
  • 自己破産と違い、職業制限、資格制限がありません。
  • 官報や市町村役場の破産者名簿に記載されません。
任意整理のデメリット
  • 裁判所等の公的機関を利用しないため、強制力がありません。
  • 利息制限法による再計算を行い、残った元本については減額ができません。
  • 信用情報機関のブラックリストに登録されますので、7年〜10年は借入やクレジットカードの作成はできない。

任意整理手続の流れ

任意整理は、裁判所を通さない分手続が簡略で、費用もその他の債務整理と比べ安く済みますが、債権者が弁済計画を受け入れるかどうかは、あくまでも任意のため交渉が決裂した場合には他の債務整理方法を検討する必要があります。