相続

相続-法定相続

被相続人がとくに遺言を残していない場合や遺言によって相続分が指定されていない場合に適用される法律で定められた遺産の相続分です。
この法定相続分を相続する権利がある人のことを法定相続人といいます。
法定相続人には、被相続人と血縁関係があることで相続の権利が与えられる相続人(血族相続人)と、被相続人の配偶者として相続の権利が与えられる相続人(配偶相続人)がいます。

配偶者相続人

相続人のうち、一番強い相続の権利を有するのが配偶者であり、常に相続人となります。
相続開始時点で被相続人の配偶者であれば、その後再婚しても相続権は失いません。
また被相続人に前妻がいた場合であっても相続開始の時点で配偶者でなければ相続権はありません。
この配偶相続人は、正式な婚姻関係(婚姻届が提出されている)であることが条件であり、
内縁の妻などは含まれません。

血族相続人

血族相続人は、被相続人の系卑属(子または孫)、直系尊属(父母、祖父母)及び兄弟姉妹を指し、それぞれ第1順位から第3順位まで定められており、先の順位の者が優先して相続人になります。

代襲相続

代襲相続とは、被相続人が死亡するよりも先に相続人が死亡したこと等により相続できない場合に、本来なら相続権があった者からさらにその相続権を承継する制度で、相続人の直系卑属(子供、孫、曾孫・・)や被相続人の甥や姪が相続人に代わって相続することで、代襲される者を「被代襲者」、代襲する者を「代襲者」といいます。

代襲相続の要件

  • 代襲者が被代襲者の子であること
  • 代襲者が被相続人の直系卑属であること
  • 代襲者が被相続人に対して相続権を失っていないこと
      (被相続人から廃除されておらず、又は被相続人との関係で相続欠格でないこと)
  • 代襲者が被相続人の相続開始以前に存在すること

再代襲相続

代襲者である孫もすでに死んでいたという場合は、孫の子すなわち曾孫が代襲します。なお、曾孫以下についても同じ扱いになります。これを 再代襲相続 といいます。
ただし、兄弟姉妹の代襲相続は1代のみ認められ、その子である甥、姪に限定されています。